ドラゴンクエストやファイナルファンタジー(FF)の昔から物語性あるゲームが面白い

物語系のスマホゲームが人気のある理由

進化を遂げるスマホで気軽にゲームに没頭してみてはいかがか

スマホゲームとコンシューマーゲームの違い

コンシューマーゲームは、ゲーム専用機を使うため、スティックや10個以上のボタンを操作して、プレイします。
これとは異なり、スマートフォンという汎用機を使うスマホゲームは、タッチスクリーンだけでプレイします。
この操作性の違いから、より複雑な、例えばアクションゲームなどは、操作性からコンシューマーゲームの方が優れていると言われています。
スマホゲームは、タッチするだけの簡単な操作で楽しめる、初心者向けのパズルゲームなどがお勧めでしたが、年々、進化を遂げて、物語系のゲームをはじめとした複雑なコンテンツにも対応しています。
スマホゲームのいち押しは手軽さにありますが、携帯電話が固定電話に取って代わり、また、スマホの台頭でパソコンが陳腐化するように、時代の趨勢から、今後、スマホゲーム時代が訪れるかも知れません。

基本プレイは無料のスマホゲームだが

スマホゲームが人気な理由として、提供されている多くは基本プレイが無料なところにあります。
複数のゲームアプリをダウンロードして、試しても無料で、気に入らなかったら削除すれば済みます。
その代わり、後から課金されるものが多く、例えば、人気のポケモンGOでも無料のゲームだが、ポケコインという課金アイテムがあり、これを購入して、ポケモンを捕獲することができます。
これは、基本プレイを無料とすることで、初心者にも気軽に遊べて、もっと楽しみたい方には課金システムで、提供されるアイテムやキャラクターを購入することができます。
課金方法として、ガチャショップ(カプセルトイのガチャのようにランダムに獲得できるアイテム)というアプリの中で使えるアイテムやキャラクターを手に入れることができます。